銀行カードローンとは何?フリーローンと違うの?

銀行カードローンとフリーローンはどのように違うのでしょうか。

どちらも銀行からお金を借りることができるものなのですが、借り方が違うというものです。

銀行カードローンの場合であれば、利用限度額の範囲内であれば、何回でも借り入れが可能になります。また、借りるときもカード一つあればいいので、とても手軽に利用できます。

また、返済はATMを利用できるので、店頭まで行かなくても大丈夫です。

両方共収入証明不要不要で借りられますが詳細はこちら
収入証明不要カードローン

これらのことから、とても手軽に利用できる方法と して、最近話題になっています。

フリーローンの特徴は何か?

では、銀行カードローンと似た商品であるフリーローンの場合はどのような特徴があるのかといいますと、カードでお金を借りるのではなくて、振り込みで融資してもらうものです。

そのため、銀行カードローンとは違って何回も利用できるものではなく、基本的には1回だけの融資になります。

また、返済のためにその銀行に口座を作ったりしなくてはいけないことがあるので、銀行カードローンに比べると自由度は低いです。

使い勝手がいいのは、フリーローンよりも銀行カードローンです。

銀行カードローンのメリットは?

銀行カードローンの利点は何かといいますと、やはり他の金融機関のカードローンよりも金利がずっと低いことです。

金利=負担なので、金利が低いということは、それだけ負担が少ないということです。なので、消費者金融のカードローンや信販系のカードローンよりも、銀行の方がずっと選ばれ続けています。

カードローンは今やたくさんありますが、やはり一番重要なのは金利です。金利が1%違うだけであなたの負担はグッと変わってきますので、金利を重要視してカードローンの契約をしましょう。

利便性の高い銀行カードローンを利用する

銀行カードローンが必要になるときは、例えば急なイベントでお金が必要になったり、遠方の親戚に不幸があったりなどのときです。

手持ちが無い場合、そのためにわざわざ定期預金を崩すのは嫌だと思いますよね。そんなときに銀行カードローンの出番です。

銀行カードローンであれば、24時間対応していて即座に口座に振り込みしてくれるところもあります。

楽天銀行がそうなのですが、楽天銀行であればしかも低金利で利用できるので、あなたが困ったときにはすぐに利用できます。

銀行カードローンは用途によって使い分ける

銀行カードローンには様々なタイプがあります。スピーディーに融資してくれるところもあれば、最低金利を謳っているところもあります。なので、あなたがどのように使いたいのかをまずは明確に決めてみるといいでしょう。

例えば、ローンの金額が大きく、長期に渡って長く借り入れするつもりであれば、やはり実質年率が低いカードローンが良いです。

例えば実質年率が5%違うと、100万円借りたときにはトータルの返済額が30万円くらい異なってくるのです。

塵も積もれば山となるので、できるだけ実質年率を重視しましょう。

銀行カードローンの審査内容とは?

カードローンに申し込みすれば、誰でも融資してもらえるものではありません。事前に審査があるので、審査に通過しないとお金を借りることはできないのです。

基本的に20歳以上で定収入がある方であれば審査には通るものですが、逆に審査に通らない人もいます。

例えば、公共料金や通信料金を滞納していたり、数ヶ月以内に何回もキャッシングを利用したことがあったり、在籍確認ができなかったりする人です。要するに、切羽詰っている人にはお金は貸さないということです。

銀行が重視する信用状態とは?

銀行カードローンにおいて、顧客の信用状態によってお金を貸すか貸さないか、そしてどのくらいの金利にするかどうかが決まってきます。

利用限度額が大きくてしかも低金利になる条件というのは、どのような人なのでしょうか。

それは、過去にカードローンの利用があって、毎月きちんと返済を続け、現在は1件も借り入れが無い年収の高い人です。

収入がたくさんあってきちんと返済してくれる人には銀行はたくさんお金を貸すということです。

なので、将来のためにも、普段からきちんと信用状態を良くしておきましょう。

銀行カードローンを利用するときの注意点

銀行カードローンはとても便利なものですが、やはり借り入れするときには注意点があります。それは、借り過ぎに気をつけることです。

借り過ぎると毎月の返済がきつくなりますし、やはり借り癖が付いてしまいます。

銀行カードローンを賢く使うためには、ここぞというときにだけ使うようにするのがコツです。そうすれば、ローン地獄に陥ることもありませんし、無理な返済に毎月四苦八苦することもありません。

銀行カードローンを利用するときには、どのように返済していくのかまでシミュレーションしてから利用しましょう。