借り換えとはどのようなものなのか?

銀行カードローンにはたくさんありますが、どのようなカードローンが借り換えに適しているのでしょうか。

そもそも借り換えというのは、A社で利用しているローンをB社からお金を借りて返済するというものです。

一見無意味に見える行為ですが、A社よりもB社の方が金利が低かったら、それだけトータルの返済金額が変わってくるのでお勧めです。

返済金額は元金プラス金利なので、究極的なことを言えば金利は0に近い方がいいわけです。なので、金利が低い銀行カードローンがあれば、借り換えに利用した方がいいのです。

借り換えに便利な銀行カードローンは?

最近は消費者金融から銀行カードローンに借り換えのために乗り換えるユーザーが多いです。そこで銀行としても、そのようなニーズを満たすために、どんどんカードローンの金利を低くしています。

その中でもみずほ銀行であれば、なんと最高でも7%という超低金利のカードローンを提供しています。

他社よりもずっと低い金利なので、みずほ銀行は圧倒的支持を得ていますし、審査もスピーディーなのでとても利用している人が多いです。

ぜひあなたもカードローンを利用するならみずほ銀行にした方がいいでしょう。

住信SBIネット銀行も大人気!

ネットバンクであれば、申し込みから審査までとてもスピーディーに行ってくれます。

中でも住信SBIネット銀行はなんと最高7.9%という金利なので、みずほ銀行ほどではないにしても、超低金利の銀行として知られています。

借り換えするときには、いかに金利の低い銀行を利用するかが鍵になるので、みずほ銀行や住信SBIネット銀行のような低金利の銀行を利用した方がいいというわけです。

低金利の銀行はそれだけ借り換えに適していますが、やはり審査はそれなりに厳しいので、普段から信用状態は良好にしておきましょう。

新生銀行なら無利息期間があってお得!

新生銀行は借り換え用の銀行というわけではありませんが、無利息期間があるので借り換えには適しています。

なので、利息がかからないときにある程度返済すれば後は楽になるので、上手に活用すれば借り換え先としてはとても優良な銀行です。

さらに、新生銀行の場合は審査に通りやすいというメリットがあるので、銀行カードローンを利用したいけど審査になかなか通らないという方にはうってつけです。

借り換えを検討している方は、これら銀行に申し込みをすると毎月の負担を減らすことができるようになります。