収入証明書不要になる基準とは?

銀行カードローンを申し込みするときには、収入証明書が必要になることがあります。

これは、あなたの収入を証明するための書類なので、銀行にとってはどのくらいまで貸せるのかを決める重要な判断材料になるというわけです。

ただ、収入証明書となると用意するのも大変ですし、基本的には会社の経理に言わないといけないので、そこからローンのことがバレる恐れがあります。

しかし、実は最近の傾向として、50万円までの借り入れであれば収入証明書不要の銀行カードローンが多いのです。なので、少額のカードローンであればそこまで心配することは無いでしょう。

収入証明書にはどのようなものがあるのか?

一口に収入証明書と言っても、どのような書類のことを言うのでしょうか。

一般的には源泉徴収票です。

源泉徴収票さえあればあなたの所得がわかりますので、金融機関では収入証明書=源泉徴収票としているところもあります。

しかし、個人事業主の場合は源泉徴収票を用意できないことが多いので、そのようなときには、確定申告書が収入証明書になります。

ただし、50万円以内のカードローンであっても、他社からのローンがすでにあって合計が100万円を超えるようであれば、収入証明書が必要になるケースもあります。

楽天銀行なら収入証明書不要の金額が大きい

収入証明書を用意するのは大変だったり面倒だったりしますので、できることなら用意しないに越した方がいいです。

なので、高額ローンのときにしか収入証明書が必要にならない銀行を利用するのが一番ですが、ではどこの銀行がお勧めなのかといいますと、楽天銀行です。

楽天であれば、なんと200万円までの借り入れであれば原則として所得収入証明書不要です。200万円というのはかなり大きな金額なのにもかかわらず収入証明書不要なのはとても良いサービスです。

しかも即日融資にも対応しているので、ぜひ楽天銀行を利用してみましょう。

オリックス銀行だとよりお勧め!

また、オリックス銀行の場合はなんと300万円までは原則として収入証明書不要なので、楽天銀行よりもさらに利用しやすいです。

また、オリックス銀行の場合は審査にも通りやすいことで有名です。なぜ審査に通りやすいのかといいますと、オリックス銀行には2つの保証会社があり、それぞれ独自に審査しているため、通過する確率が2倍になるからです。

ネットの口コミレビューでもオリックス銀行はとても利用しやすいと評判なので、利便性を求めるならぜひ申し込みしてみましょう。