銀行カードローンの在籍確認について

銀行カードローンを利用するときには、在籍確認が必須になります。

在籍確認というのは、あなたが本当に勤め先にいるかどうかを確認するための作業になります。なので、その段階で嘘があったら審査に落ちてしまうので、就業先はきちんと伝えるようにしてください。

また、在籍確認は審査の最終段階になることが多いので、これさえクリアすれば大抵の場合は銀行カードローンを利用できることが多いです。

しかし、在籍確認となるとどうしても抵抗がある場合もありますが、実際にどのようにして行われるのでしょうか。

在籍確認の実際の内容とは?

在籍確認はどのようにして行われるのかといいますと、銀行員が個人名にて「◯◯さんをお願いします」と電話口で言うのが一般的です。

そのような電話であれば、特に不審に思われることもありませんし、仮に銀行からの電話だとしても特に問題ありません。

在籍確認は銀行カードローンにおいて凄く大事な作業なので、きちんと対応するようにしてください。

ちなみに、銀行であっても在籍確認無しの場合もあります。ただ、これは銀行や担当によって異なりますので、やはり在籍確認はきちんとあるものだと認識しておく方がいいでしょう。

在籍確認を避けるためにはどうすればいいのか?

いくらやましいことが無いとしても、やはり在籍確認されない方がいいのは確かです。では、どのようにすれば在籍確認無しでカードローンを利用できるのでしょうか。

まずは銀行の担当に相談するといいでしょう。場合によっては、例えば給与明細の提出や源泉徴収票の提出で事足りることもあります。

銀行カードローンを利用するにあたって、ネックになるのはやはりカードローンになりますので、その辺りの事情は銀行サイドも理解してくれます。なので、まずは相談してみるといいでしょう。

在籍確認はなるべくした方がいい

ただ、やはり審査にとってはとても大事なことなので、どうしてもの場合は仕方ありませんが、なるべくならきちんと在籍確認をした方がいいでしょう。

在籍確認を拒否すると、例えば銀行カードローンの利用限度額を下げられてしまったりすることもあるので、マックスで借り入れするならきちんと在籍確認をした方が無難です。

カードローンを利用するときの審査の判断基準は様々ですが、銀行にとってはきちんとした相手にしか貸さないという大原則があるので、なるべく応じるように心がけましょう。