銀行カードローンの審査内容とは?

銀行カードローンを利用するとき、まずは審査によってふるいに掛けられます。

ただ、審査といっても仮審査と本審査の2段階になっているので、まずはあなたが受ける審査は仮審査の方になります。

仮審査というのは、あなたが入力した住所や年収などの情報によってされる審査のことです。このときには、コンピューターによって自動的に行われることがほとんどです。

実は金融機関には顧客情報がわかるデータベースにアクセスできる権限があり、それで申し込み者の過去の金融事故情報などがわかるのです。

このコンピューターには家賃や携帯料金の滞納歴も載っていますので、普段の生活態度からきちんとしまし ょう。

仮審査に受かったらどうなるのか?

仮審査を通過したら、次は本審査と言われる2段階目の審査になります。

本審査の場合は、仮審査ではわからないことを確認します。例えば、提出した書類に不備が無いかどうかや、職場への在籍確認、そして現在の借り入れ状況などを審査します。

本審査の場合は仮審査と違ってしっかりと銀行員がチェックしますので、より厳しくなります。

なので、仮審査に通過したとしても、本審査で落ちることも多々あるわけです。なので、基本的には申し込み情報は嘘を付かずに、正直に記入することが大事です。

審査に有利な職業はあるのか?

審査に受かりやすいか職業というのは、果たして存在しているのでしょうか。

基本的には審査は年収によって判断されるので、審査に通りやすい通りにくいというのは無いのですが、やはり一般の会社員よりも公務員の方が有利なのは確かです。

なぜなら、公務員は収入が途絶えることが無いからです。いくら年収が良いとしても、会社員である限りは倒産やリストラなどのリスクはあります。

なので、銀行サイドからするとより堅い相手に貸すためにも、顧客が公務員であるかどうかで審査を決めることもあります。

審査には誠実性が求められる

銀行カードローンの審査には、誠実性が求められます。

なので、申し込みのときの態度や記入した情報は厳しくチェックされますし、年収や借入金額、そして件数などを嘘付いたとしても、相手はプロなので一瞬で見抜かれてしまいます。

すると、誠実性が無いとして審査に落ちてしまうのです。

確かに審査を有利に進めたい気持ちはあるのですが、やはり嘘というのは心証を凄く悪くしてしまいますので、基本的には正確な情報を相手に伝えるようにしてください。

そうすれば、案外審査に通ることもあるので心がけましょう。